2017年10月23日

教育活動報告会

第4回専門学校コンソーシアムTokyo教育活動報告会

ちょっと蒸し暑い曇り空の9月28日(水)、専門学校東京テクニカルカレッジ「テラホール」に於いて、第4回専門学校コンソーシアムTokyo教育活動報告会が開催されました。 教育活動報告会は、専門学校コンソーシアムTokyoに加盟する学校が取り組んでいる先端の教育内容を発表し教育力を向上する場として、4年前から開催されています。 最初に多忠和会長から、「設立10周年のなる専門学校コンソーシアムTokyoはその内容・催し等すべての面において着実に前進を続けている。」という開会挨拶に続き、全国専修学校各種学校総連合会の菊田 薫 事務局長による『専門学校の今後の振興策』と題した基調講演をいただきました。

続く各学校からの先端教育に関する取り組み事例紹介では、
・企業との連携授業の紹介
   中央工学校 魚野 健太郎 先生

・歯科衛生士教育としての「レポートの書き方」
「口腔内撮影」のための講義と演習
   太陽歯科衛生士専門学校 土田 充康 先生・黒田 敏之 先生
・「HELLO」リクルート内覧会・「MUG」学園祭について
   専門学校ヒコ・みづのジュエリーカレッジ 酒匂 博 先生・飯塚 ひろ子先生

分野は違いそれぞれの取り組み方は異なりますが、根底に流れるところで共通する要素もあり、参考になる発表でした。
続いて、日本電子専門学校の古賀先生から「教育の会活動報告」として、・教授力向上研修,・卒業生調査,・学校連携授業を中心に、教育の会が取り組んだ実績と姿勢について報告がされました。
最後に、堀口副会長から「今年の発表では、各学校が大切にしていることがより鮮明に伝えることができた。これからもそれらの内容を共有していきたい。」という挨拶があり、次年度以降の教育事例報告会の方向性が明らかになりました。

今回の教育事例報告会には100名を超える教職員の参加があり、大変盛り上がる会となりました。また、会場となりました専門学校東京テクニカルカレッジの1階にオープンした「テラカフェ」で学生が提供するコーヒーを御馳走になりました。発表がおこなわれたリアルジョブプロジェクトの取組事例報告を舌で感じることができました。