2017年10月23日

教授力向上研修実施報告

教授力向上研修実施報告

専門学校コンソーシアムTokyo教育の会では、加盟する学校の教員の教授力を向上させ、学生により良い授業を提供するための教員研修を合同でおこないました。普段はなかなかおこなわれない、「自分の授業をビデオに撮影してすぐに評価をする。」などの新たな取り組みをおこない、皆大きな刺激を受けた2日間となりました。
1. 実施日:平成28年8月3・4日
2. 場 所:日本電子専門学校ミニホール
3. 対 象:専門学校コンソーシアムTokyo 参加校教員(20名)
4. 講 師:株式会社ビーフォーシー 主任講師 細井 よし子 氏
5. 目 的:教員の教授力を統一的に向上し、学生によりわかりやすい授業を提供するための技法を身につける。
6. スケジュールおよび講義内容:

7. 結 果:アンケートより

◆自由記述意見
◎全体としての感想
非常に分かりやすい講義でした。発表の機会もあったので、緊張感のある研修でした。 グループ内の人数なども丁度良く、集中して参加することができました。 模擬授業の時間がもう少し長ければ良いなと思いました。 振り返り(映像音声)の場が多く用意されていたのは、非常に効果的だったと思います。 ビデオと自分の授業を見ることが出来たことがとても良かったです。 初心に返る内容でした。これをきっかけに、授業計画の再構築をしてみたいと思います。
◎この研修で学んだこと
他業種の先生方と研修をすることによって、こんな方法もあるんだと気づかされた内容が多くありました。 自分はやっているつもりでも、相手から見ると伝わっていないんだなということが客観的に分かった。 VTRをとって、自分の立ち振る舞いを直すことができました。 自分が思っていたよりも、普段の学生対応の中で講師として注意しなければならない事がたくさんあるということを学びました。非言語メッセージの重要性を知ることが出来ましたので、今後の授業の中で効果的に使いたいと思います。 教えることももちろんですが、聞く際のスキルも非常に勉強になりました。また、自分のクセや気を付けるべき所を第三者的に見ることができ大変有意義な研修だったと思います。 自分自身の授業を見たのは初めてなので勉強になりました。